ぴぃじぃ☆らんど

~ただいま休止中(近日再開予定)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第111回新囲碁でボケろ!!


第111回新囲碁でボケろ!!

新囲碁でボケろ!!看板

Go!Rock!!Skate!!!にて。



お題

李昌鎬九段が日本に電撃移籍!!
その理由とは?


講評はこちら

各賞発表はこちら





☆pg作品・あれこれ☆

こういうパターンのお題は好きだ。
好きだからこそ、いいボケを投稿したかったのだが、今回は空回りだったかもしれない。

チャンホ九段「三年以内に7大タイトル全制覇!をセドルと賭けたからさ。
明日セドルもくるよん」

チャンホ九段「占いで東にいいことあるって出たから」


まず、こういうタイプで攻めたが、乗り切れない。
「韓国が強い」バージョンの変化形で

二日制の碁で、昼寝してても勝てるかどうか調べに

を投稿。その後、自らが主宰しているネット碁から離脱するというありえないイメージで

IDを変えて、日本の初段からやり直したくなった

を出してみる。

クレージーストーンと真剣勝負したくなった

本気で嫁さん探し


と、来て日本びいきをイメージしたべたべたのネタ

実は寿司と天ぷらと納豆とくさやが好きで、富士山の絵の描いた銭湯にはいりコーヒー牛乳を一気飲みしたかったから

を投稿。韓国が整形天国だってことを踏まえて

整形したことをばれたくないため

の投稿ですでに脳みそが枯渇して時間切れ。
どのタイプもある水準まであっても、それ以上のものを出し切れなかった感がある。
優秀、最優秀ネタを見るとどのボケにも、複合のインパクトがある。
このあたりが、越えるに越えられない壁なのかもしれない。

IDを変えて、日本の初段からやり直したくなった

が囲碁ボケくん獲得にすべりこんだ。
まだまだ精進が必要だと感じる今日この頃。


スポンサーサイト

第110回新囲碁でボケろ!!


第110回新囲碁でボケろ!!

新囲碁でボケろ!!看板

碁会所日報にて。



お題

棋聖戦の第四局、「女将は見た!」
さて、何をみた??

講評は1はこちら 
講評の2と各賞発表はこちら





☆pg作品・あれこれ☆

女将ネタ・・・

ちょっと前の名人戦の時もあったがなーーーーー!!!
お題かぶっとるやん!

の声もなく、何事もなかったかのように投稿されていく囲碁ボケたち。

偉いよ、君たちはほんと偉いよ。
進化しているんだね。

その進化についていけなかったpg。今回もボケにさえがなかったと言わざるをえません。
加えて、昨今のブログ書き込みへの風当たりの強さ。
「下手したら名誉棄損でうったえられるんじゃないかしらん」
とまでは思いませんが、こういうネタになると明らかに個人攻撃っぽくなるので、あえてぶっ飛んだネタにしないとしゃれにならない。

「ひと目の詰碁」を開く山下棋聖の正座姿

まず、棋士の最高峰と「ひと目の詰碁」というギャップから。でもあまりインパクトがない。

無言で壁にとび蹴りをくらわせている山下棋聖

これは、山下棋聖にぜったいないと思う一場面だが、もしかしたらやるかも?の疑惑もあり、面白さに欠けた。

「勝ったら4200万。勝ったら4200万」とつぶやく声
(どちらの部屋から聞こえたかは、秘密)


発想自体いまいち。書いてから後悔した。あえて書くなら、呟く声を限定させた方がよかったかも。

真夜中に、棋聖と挑戦者が息を合わせてやってたんです・・・

「イエス、フォーリンラブ!」


発展途上芸人ネタ。今までもこのパターンは何度も使ってきたが、フォーリンラブは男女でしかもちょっとエロ入っているところが山下・依田の雰囲気にギャップを与えるかと思った。
山下・趙だとありそうなので、当然却下だったが。

依田九段のトゥーシューズに画びょうを入れる山下棋聖

実はこのボケ以外に
依田九段のチュチュの糸を切っている山下棋聖
依田九段のラケットを隠している山下棋聖

の二つで、少女漫画意地悪場面三部作として投稿しようと思っていたのだが、気力が萎えた。
いかんともしがたかったとしか言いようがない。

かろうじて「依田九段のトゥーシューズに画びょうを入れる山下棋聖」が囲碁ボケくんになったけれど、今回は本当にきつかった。うーむ。


※この記事は上記のblogにトラックバックしています。



【交友録】ロビーでファイト!


総裁と碁聖の公開生模範対局には、遠くからhexagobanさんもおいでくださいました。
実は、pgは一年ちょっと前に一度hexagobanさんとお会いしておりました。

つれあいが東京の大会にでる機会を得、また総裁も別の大会で東京遠征するというグッドタイミングに合わせて、hexagobanさんが遊びにきてくださったのです。
ご対面の主は、総裁との会合だったのですが、pgたちも東京にいるのだから、一緒に御飯でも食べましょうと誘っていただいたのです。

hexagobanさんは、野菜と囲碁をこよなく愛する素朴な男性という感じ(第一印象)。
話言葉がゆったりとして、関西人気質のpgとちょっとタイミングの取り方がちがうかな?とは思いますが、同じ囲碁ボケ仲間でもありますし、会食での会話も弾みました。

で、一年が過ぎ今回の再開にいたったわけです。

GO!さんとの猿十番碁での打ちまわしや、総裁との置き碁の結果をかんがみて、
「私とは三子くらいかな?」とつれあいと話していました。
どうせ総裁が局後に懇親会で一時間いないわけだから、その間に一局打てそうな気がして、ちゃっかりマグネット碁盤も持参。
もしよければ、置き碁で一局ご指南いただけたらな、と総裁の生碁とは別に楽しみにしておりました。

その日、会場で看板の写真を撮りおわったあと、
「こんにちは」と声をかけてもらって、びっくり。
知っている人とは言え、やっぱりちょっと構えたりして(笑)。
hexagobanさんは、少し離れた出入り口付近で、私たちは奥まったモニターが見やすい位置にいたので、対局が始まってしまうと離れ離れのまま、「このあと一局お願いします」と話すこともできません。

解説にやきもきした総裁の対局が終わり、抽選会で碁聖本をゲットしたところを冷やかされ、いったん現場を離れることになりました。
対局場の新聞社ビルのレストランに総裁は懇親会のため呼ばれ、私たちはどこでどうして待ったらいいいかな?と話していたのですが、どうせなら喫茶店で時間をつぶす間に一局・・・とおずおず切り出してみたところ、心よくオッケーしてもらえました。

はじめは新聞社ビルを出て、どこか・・・と思っていたのですが、遠いところへいって総裁と落ち合うのが時間がかかったり連絡取り合うのも邪魔くさいので、ロビーでやろうということになりました。
お客さんはもう、ほとんどがはけていて、ロビーの向こうに係員さんがいるだけ。
紅茶とコーヒーと、hexagobanさんの定番コーラでスタンバイオッケー。

ところで、手合い割りですが「三子か二子」ということで、とりあえず二子。
ちょっと厳しいけどなんとか頑張る!
右下隅は普通に小目・一間高ガカリ・ツケヒキ定石の出来上がりのあと、左下も左辺からの小ゲイマに一間バサミ・一間とび・トビかけの定石もできて、満足・・・・のはずが何を思ったか、pgが暴走を始めることに。
これなら何事もないと感じるのが、普通の人。
でもなんだか、今までの感じから行くと宇宙流も並べてるhexagobanさんは中野碁ならぬ中の碁だし、中央がおおきくなるんじゃないかしらん、などという気持ちがでて、急に出切って闘うことに。

当然、力弱いpgはもがきもがき。
果てしないもがきの末になんとか死にだけはまぬがれた、と思ったらやっぱりもがいただけあって相手に大きな地模様出現。

やっべー

しかし、こうなったら、やけくそです。
やれるだけやって玉砕しても、いーじゃん。いーじゃん。
↑囲碁ボケハイに近いものあり

ということで、いろんなもがきのあと、究極の攻めあい死活が勃発。
考え所なのですが、自分の中で見えた筋がきらりん
で、爆竹持参で一線置きに攻撃した!

・・・がしかし。
なんか普通に受けられてるよ??
ありゃ????

・・・あかんかったんかいな~

と、なればもう勝ち目はありません。その時、総裁と碁聖の懇親会がお開きになったようで、ロビーにおりてこられました。
ということでタイムアップ。pgの中押し負けという結果に。

ロビーで打ってるんだーと総裁に笑われつつも、横からつれあいが、
「ここ、こうしたんだから、こう打ったらどうなる?」と一発。
えー(滝汗)
hexagobanさんも「ここを打たれたので、きっとこう打たれると思って。なんで違うところへ打っているんだろう、と思いましたよ」と苦笑。

やっぱり、見えてた筋は正解だったのです。
でも、そのあとがあまりにもうわ手のhexagobanさんが普通に打ち返してくるから、ダメなんだと思い込んでしまったわけです。うーん、修行不足ですわ。そこまでわかってなかった自分に喝!!

ということで、初対局はpgの中押し負け。
次回、東京の日本棋院でまた打ちましょうとお約束し、その日はお開き。
総裁お疲れ様宴会に突入し、山海の珍味とお寿司でもりあがりました。

hexagobanさん、どうもありがとうございました。
もし、時間があったら、上の参考図も出したいんですけど、すでに記憶が・・・(笑)



第109回新囲碁でボケろ!!


第109回新囲碁でボケろ!!

新囲碁でボケろ!!看板

碁盤を囲んでにて。



お題
新しい囲碁ソフトのネーミングと特徴は?

講評はこちら

各賞発表はこちら





☆pg作品・あれこれ☆

今回のお題は、結構たくさん浮かんだのだが、投稿までには至らないものが多かった。
既出の類似投稿が多かったためである。
みんな考えることは同じなのだろうか?

「秀芳+」「おっちゃんと一局」「ホンくん」
常にネタにされるあたりに突っ込みの改良版として考えたのが「秀芳+」。突っ込んでしまうのではなくて、突っ込まれる確率が1パーセントあるので投げられない、というのがミソ。あの時の秀芳先生の気持ちじゃなかろうかと。
「おっちゃんと一局」には碁会所の生の対局を肌で感じたい方へ。
自分は綺麗に打っても、碁会所のおっちゃんは筋悪ごりごり愚形もオッケーの傍若無人。こういうのと対局数を重ねると、経験値が上がるか筋悪が増幅するか。やってみたいけど、途中で腹が立ってソフトをぶっ壊す可能性もあり。
「ホンくん」、マジ強いっす。

「にゃんにゃんワールド」
碁と仔猫の融合を考えた意欲作。どういうわけか、囲碁ボケくん獲得!

「ざ・名人戦」
各棋士の特徴を生かし、いろんな碁に対応するためのソフトのつもり。
最後のイーミン・・力碁の一言をどこで入れるかが、悩んだポイント。ミヤザワくんの解説は、なにげに書いてみたものだけど、投稿したあと棋士の特徴より面白く広げられる部分があったことに気がついて、ちょっと反省。

ということで、今回は囲碁ボケくん一個獲得させてもらいました。ありがとう~ございます~!!

※このblogは上記リンク先にトラックバックしています。


碁聖に挑戦!2009

県代表と、碁聖が三子で公開生模範対局!

わが県代表になると、こういうおしゃれなご褒美があります。
なかなか、県代表だとしてもプロ棋士の、しかも時のタイトル保持者と真剣勝負っていうのはないんじゃないでしょうか?
公開ですし、その後は新聞にその棋譜が載るわけで、プロはタイトルにかけても負けられないし、アマのほうだって三子のハンデをもらっていると、負けるのはつらい。

特に、プロ棋士と多くの場で打つ機会をもっている今回の代表nipparat総裁にとっては、碁聖・名人・王座・天元の張九段でも、三子ならば負けたくないという気構えがみなぎるわけで。

「負けたら断酒!」 

とまで豪語しただけあって、前日までのスパーリングよろしく別機会には某棋士と二子で勝つ気合いの入り方。
やる気満々な感じが伝わってきます。

kanban-2009.jpg さて、この対局があるとお触れが出てから、公開対局の整理券を求め四倍の倍率をたたき出すなど、驚異的な人気がでたそうで、pgはもともと総裁に整理券をお願いしていたのですが、自分でも一応出しておこうと思い、古びた年賀状でチャレンジ。
見事抽選を突破して整理券をゲットしたという、引きのよさ。こいつぁ春から縁起がいい。

当日も会場には開場前からわんさかと人が群れ、碁聖の人気の高さを物語るように、フロアを超えてエレベーターホールにまで人があふれる始末。
普段は行わない入場整理と称したワッペンを胸にはられる(出入りの際に判別するため)までになっていたのでした。

140人ほどの小さな大盤解説室に一般観戦者は入るのですが、ロビーをはさんで対局室も開放されていて、対局に配慮すれば直接対決の場面も見られるというおまけ付き。
なかなか、いい感じにファンサービスができてます。

解説者は山城宏九段。聞き手は平岡ゆり子アマ6段ということで、中部仕切りのフレンドリーさが出てます。

対局者二人の登場のあと、お決まりの新聞社側のごあいさつが済み、対局者インタビューへ。
碁聖は、いかにも人のよさそうな”いい意味で”たどたどしい感じの話しぶり。
一方、何を言い出すのか非常に気になっていた総裁の方も、思ったよりも普通。
なにか心理戦を考えて、囲碁ボケの一発もかますのか?と思っていたら、「子供も見てますので・・(照)」などと情に訴える手法を取ってきた。

やるな。

・・・ってか、そんなん当たり前やん!と心でつっこんでおきました。

対局前からかなりの熱気だったのですが、いざ対局となるとみんな大盤解説に夢中。
局面の解説の山城九段も、平岡アマ6段も早打ちの碁聖にひっぱられて、ひっしです。
次々と着手が進み、しかもどんどんアマ不利になっていくので、見ているこっちは気がもめる気がもめる。
「ここはケイマに掛ける形ですね。出ギリは心配いりません・・・(モニターをみて)あ、一間とびですね。うーん心配したんでしょうかね」

「こういう進行になると思うんですが。ここはカタツギが味がいい・・・(モニターをみて)えっと、ノビですか、うーん、そうですね、これの方がいいかもしれません。働いてます」(←どっちやねん!)

「ここでは、こうしてぇ・・(モニターをみて)ああ、これはないですねぇ~。自分からダメをつめちゃいました。だんごになってしまうのは・・どうでしょうねぇ。これじゃあだめですねぇ」(場内苦笑)

「うーん、右辺の石ですけど、頑張ったわりにはやってない感じで」
平「ここの石は捨て石ということで?」
「まあ、捨て石というか、取られたというか・・」

などと、総裁応援団としては圧倒的に総裁不利のアナウンスが続いて心細いこと限りないわけでして。その後も、見た目に黒が厳しそうな感じ。

しかし。案山子。お菓子。

やっぱり三子の力は強い。置き石のパワーというのでしょうか、黒も案外いけてないわけじゃなかったらしく(←自分ではわからない。解説頼みである)、盤面を丁寧に見ていくと、解説者もあれこれと言いわけが。

「ええ、まあ二十目くらい損した感じですがぁ・・・えっと。まあ、あの。
そうですねぇ。でも、まだそんなに離れてないかな?十五目差くらいですかね」

左辺の勝負所では普段早打ちの碁聖も長考。
いかにも、天下分け目という感じの手に汗握る展開に!
・・・ハラハラドキドキ。

「あー、左辺のここは勝負所ですね。こうやってこうやって(検討図作り)こうすれば、上が持たないし、もしなんとかなったとしても、下辺がね、大きくなりますし・・・って、こうなってますか(モニターを見て)。
うーん。これは・・・ワリツギじゃない方が。これでは何をやってるのかわからないですね」(場内苦笑)

「うーん、でもまあ、三十目くらい損したことになりますが・・えっと、盤面はえっと・・でもまあ十目くらいでしょうか?
ということは、序盤相当リードしてたわけでしょうね」

どっちやねん!!

つれあいのような高段者なら目算も形勢判断もできますが、ど素人のpgなんぞは、解説者頼みなので、言葉がコロコロかわると、わけがわからないんですよ。
はっきりいってくれないとー。

という感じで、検討図が遅くて盤面に追いついていかないまま、終盤に突入したりして、見ているこっちはハラハラしどうしです。
大ヨセ、小ヨセと進み、あとはpgが見ても残り少なくなった場面では
「えっと、そんなに差がないですが・・白は負けないですが。えっと十目は負けてないですね」

なんやいな、それじゃあ序盤中盤終盤の戦いはなんだったんじゃいと思いつつ、整地が行われ結局碁聖の5目勝ちということになりました。

seichi.jpg ←これが死闘のあと


結局、総裁はリキ入れてがんばってくださったんですが、残念ながら前回の依田九段に続いて張碁聖も撃破するということにはならなかったようです。
ただ、やはり序盤の打ち方はまずかったらしく、ご本人も「舞い上がっていて」などと敗者の弁。
碁聖は感想戦も丁寧に長めにとってくださって「中盤からは互い先のような気分で、難しかったです」などと、敗者をいたわるお言葉が優しかったです。

その後、お楽しみ抽選会があり、次の一手名人戦で正解した10人に碁聖と山城九段のサイン色紙が贈られ、また別枠で碁聖の新刊本「張栩の特選詰碁」を三人の方にプレゼントするという大盤振る舞い!
さすがだぜ、碁聖。気配りの人じゃぁ。と感心していたら、三人目にpgの名前が呼ばれてしまう!

きゃー恥ずかしいでもうれしい←おばさん

【ゲットした本】

book1.jpg

中を開くとサイン入り

book2.jpg


てなもんで、ちゃっかり握手までしてもらいました。
碁聖の手は、華奢な体つきとは逆で、大きくて分厚い感じ。こんなことなら、毎日ハンドクリーム塗りたくってケアしておくんだったと後悔しましたが~
ありがとうございました

その後、総裁は関係者と懇親会。
pgはつれあいと、遠くから観戦に来てくれたhexagobanさんと三人で、総裁が来るのを待つことに。
待つ間はひまなので、hexagobanさんとロビーでマグネット碁盤で対局をしました。
pgの黒二子局。
なかなか面白い熱戦で、あっというような手も飛び出したりして、すっかり「待ち時間の余暇」を通り越して真剣勝負に。
で、結局はpgの中押し負けでございました(この話はまた後日書きます)。

懇親会を終えて、出てきた総裁一家と合流し、駅近くのお寿司居酒屋で打ち上げ。
断酒のはずが、総裁はビールと生酒を飲んでました。
もちろん、終盤は奥さまにストップ掛けられてましたけどね。

そんなこんなで、とても楽しく、勉強になった一日でした。
関係者のみなさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

ブログ棋戦のご紹介


虎王戦

新聞各社が、文化面で囲碁・将棋欄を取り入れたのがいつのことかはしりませんが、紙媒体での新聞棋戦が囲碁界に様々な功績を残してきたことは周知のことでしょう。
多くのプロ棋士が、こぞって戦う新聞棋戦。
本因坊・名人・棋聖・王座・天元・碁聖・・・などなど
多くの棋士が多くの輝かしい棋譜を残し、魂を込めて戦う姿に、囲碁ファンは熱狂します。
けれど、現在の状況で若年層の囲碁離れが進んでいるのも、悲しい現実。
この紙媒体でのもどかしさが、囲碁離れの一端ならば?
webは、そのもどかしさを解消してくれるのではないか?pgは常々そう思っていました。

今回、あたらしい試みとして「ブログ棋戦」なるものが登場しました。
それが表題の「虎王戦」です。

これは、関西棋院の若手精鋭六人によって争われる実験的な棋戦です。
形態は、新聞棋戦と同じで、生碁によって戦われた棋譜を順番に記事にして送っていくこと。
ただ新聞棋戦や雑誌類の解説が、紙媒体の悲しさか、非常にリズム感の乏しいものであることは否めません。棋譜をざっと眺めて、一部の高段者にとっては視覚に残っても、そうでない人たちにはただの数字の図でしかなかったといえましょう。

ブログ棋戦は、この歯がゆさをwebの利点を活用し解消したものであります。
このblog内では動く碁盤が装備されて、数字の羅列された棋譜だけでなく、望めば自らの手で動かして、戦局の臨場感を肌で感じるという楽しさが盛り込まれました。

囲碁というゲームがwebという媒体に合っていることを身をもって教えてくれる・・・という先駆になれるのか。
虎王戦はその使命を帯びています。
ぜひ、この棋戦の動向を見守ってください。

虎王戦

参加棋士
 清成哲也九段 結城聡九段 小西和子八段
 藤井秀哉六段  瀬戸大樹六段 河英一四段



※この記事は上記・虎王戦blogにトラックバックしています。

第108回新囲碁でボケろ!!


第108回新囲碁でボケろ!!

新囲碁でボケろ!!看板

nipparatの日記にて。



お題
○○さん(先生)が作る新囲碁ことわざ・格言とは?


講評はこちら

講評と各賞発表はこちら





☆pg作品・あれこれ☆

今回の囲碁ボケは最初なかなか考えがまとまらなかった。
はじめての投稿が2月9日であることから見ても、全然箸にも棒にもかかってなかったというのが正解だ。
もちろん表向きには総裁の公開模範対局があるので、そっちに気がいっていたということもあるが、実際いい囲碁ボケが浮かばなかったというのが結論である。

一番初めに投稿した

大場より競馬(八幡先生)

は苦し紛れで、本当は「大場よりサンバ」を思い浮かべ、ぽちっとなをしようとしたときふと
「あれ?これって誰かが投稿してなかったっけ?」と思い直し、改めて投稿欄を見てみるとすでに投稿済みになっていたネタだったのだ。

いかん。これではオリジナリティのかけらもない。

美人は追うな
pg嫗(涙)


も、同じ地口落ちでつまらない。そこで、完全に自分ワールドを確立するため元ネタのないボケを模索することにした。

先手ゼロ目

これは、某碁会所の中学生でpgの親しい師匠(呼び名;小さい先生)がpgとの置き碁対局のときに、ヨセに戸惑うpgの手をみて、発せられたシビアなひと言である。

あと三手あったらなぁ

これもまた、pgがつねにつれあいとの指導碁で感じる実感である。ショボ碁好きはみな共感する格言ではないだろうか。そして

筋悪に定石なし
定石に本手なし
本手に出会うことなし(碁会所のおっちゃん)


局面に応じてお茶が出せたら初段

という碁会所ネタをkyonchnさんを思い浮かべながら(自分の中で名作)のあと、

あと一歩及ばない人は、一生及ばない(棋戦リーグ入り)

という選者が恐ろしすぎて触れられないような分野にも踏み込んだ。
そして最後の作品である碁会所のおっちゃんシリーズ最高峰抑圧から解放された碁打ちの心境を彩る

だんご・三角・陣笠・へぼコスミ~気にしなぁ~い

が生まれた。
ただし、この作品の突き抜けた無の境地は、碁会所の筋悪おっちゃんの心を忘れてしまった選者には理解不能であり、まったくのスルーだった(残念)。

今回は大量入選があり、その中でかろうじて自称名作の

局面に応じてお茶が出せたら初段

が囲碁ボケくんにひっかかり、なんとか形がついた。二日間だけに絞って投稿した割には、入選する作品には至らずとも頑張れた気がする。

第107回新囲碁でボケろ!!各賞発表


第107回新囲碁でボケろ!!各賞発表

MVP(スーパー囲碁ボケくん)
スーパー囲碁ボケくん 新米刑事さん「酒と泪と男と女」

負けて 負けて 明日も負けて
負けて 負け潰れてやめるまで負けて
やがて碁吉は静かに寝むるのでしょう


MVP(スーパー囲碁ボケくん)
スーパー囲碁ボケくん kyonchnさん「ソーラン節」で

♪や~れん コウ材 コウ材 コウ材 コウ材 コウ材

 ない!ない!orz 


優秀作品(囲碁ボケくん)

囲碁ボケくん nipparatさん
ボヘミアン(葛城ユキ)

ヘボゴヤ~~ン


囲碁ボケくん kyonchnさん
「リンダリンダ」で

♪死んだ死んだ~
 死んだ死んだ死んだ~
 死んだ死んだ~
 死んだ死んだ死んだ


☆pg賞

ゆうすけさん
「ライオン」(シェリル・ノーム&ランカ・リー)

星に ツケる 白地の真ん中で~~
気付いたときは 手遅れ 四目中手
僕の 黒地 味悪くまとまり~~
打ち込まれだめ詰まり よく見れば 大石が 死んでる~~
生かしてやりたい 生かしてやりたい 白地の中の~石~~
逃げようとしたけど~~無駄 包囲される
いかしてやりたい 生かしてやりたい 碁に負けたとしても
結局殺されて~~ 碁に 百目負ける


☆タイゼム賞☆

新米刑事さん

こういち先生
「望郷じょんがら」

泉美は俺ん子 張栩は婿よ
みんなは達者か 変わりはないか
昔が恋しや 花いちもんめ
アア・・・・ア・・

爺さまが叩く こばやし流の泣き三味線が
風にちぎれて 聞こえてくるよ
名人の妙手に ぐらりと酔えば負け筋浮かぶ
寂しさひとつ なみだが落ちる
勝ちたいよ 勝ちたいね
勝利は夢の中



パンダの虎の穴

今回はなし。




☆総評☆

今回の囲碁ボケ鼻歌で、目だったのは哀愁たっぷりの自虐歌でした。
「ドナドナ」「リンダリンダ」「ソーラン節」などの秀作を輩出したkyonchnさんはさすがの出来。
また、思わず負け続けて眠る碁吉の寝顔をイメージしてしまった新米刑事さんの歌にも、哀愁を感じずにいられません。

まったく替え歌になってない歌を連発し、虎の穴行き間違いなしと思われていたnipparat総裁ですが、「ヘボゴヤン」の強烈なシャウトのおかげで、ギリ免れましたね。おめでとうございます。

タイゼム賞は同じく新米刑事さんの「望郷じょんがら」に。
とにかく歌いだしのパワーが他を圧倒しているきがします。すごいです。

最後にpg賞はゆうすけさんに。
こういう若い感性をどんどん囲碁ボケにいれてもらえるのはいいですね。
ランカ・リーは、いいっす♪

他にも捨てがたい力作がわんさかとあって、40投稿だったわりにはずしりと力量を感じられるものを残せたとおもっています。pgもこれからどんどん【囲碁替え歌】を発表していこうと思いますので、よろしくお願いします。

今週は、碁聖うっくんとの生対局をひかえたnipparat総裁が出題。
この勢いをかって、どしどし囲碁ボケを投稿してくださいね!きらっ☆


第107回新囲碁でボケろ!!講評


第107回新囲碁でボケろ!!

新囲碁でボケろ!!看板

お題

囲碁ボケ鼻歌を口ずさんでください




今回の囲碁ボケお題、難しかったでしょうか?
今までのお題の中で、結構「歌ネタ」があったので、考えられるかな?と思ったのですが。

ここで替え歌の大原則と完成度の判定基準をば(あくまでpg基準)。
1)ところどころ、原曲を残しておく
2)替え歌詞のところは、韻を踏んでおくと効果的

また、「囲碁ボケ鼻歌」ですので、軽く口ずさめると追加点が入りますね。

ということで、これを踏まえて皆さんの囲碁ボケを拝見していきましょう。

長めの囲碁ボケ編

「愛燦燦」

替え歌「黒散々」

♪白三々と 黒地に入り
 わずかばかりの 筋の悪さを
 恨んだりして
 した手は哀しい 哀しいものですね

 みるみる 黒石達は
 無残にも形を 崩す
 囲碁の手筋って 不思議なものですね

♪黒散々と 模様は荒れて
 思いどおりに ならない夢を
 失くしたりして
 した手はかよわい かよわいものですね

 それでも 黒石達は
 人待ち顔して 微笑む
 囲碁の魅力って 嬉いものですね(asutoronさん)


ボケ度☆☆☆
完成度☆☆☆

しょっぱなに投稿された、正統派ボケ。
いきなり大作の投稿で、ちょっくら度肝を抜かれました。
「さんさん=燦々=三々」の関連からの発想は見事です。

「ガッチャマン」

♪誰だ 誰だ 誰だ 俺の模様に入る影
 無茶な上手の 打ち込み
 命をかけて 飛び出せば
 なぜか黒石 火だるまだ
 飛ビ ノゾキに ツケバネ
 生きる? 生きない? どっちだ~ 
 眼形一つ 眼形一つ
 ああ 苦しい 助けて~  (asutoronさん)


ボケ度☆☆
完成度☆☆☆

碁会所などで緊迫した場面にばっちりのフレーズ「どっちだ~」がいいですね。


「ライオン」(シェリル・ノーム&ランカ・リー)

星に ツケる 白地の真ん中で~~
気付いたときは 手遅れ 四目中手
僕の 黒地 味悪くまとまり~~
打ち込まれだめ詰まり よく見れば 大石が 死んでる~~
生かしてやりたい 生かしてやりたい 白地の中の~石~~
逃げようとしたけど~~無駄 包囲される
いかしてやりたい 生かしてやりたい 碁に負けたとしても
結局殺されて~~ 碁に 百目負ける (ゆうすけさん)


ボケ度☆☆
完成度☆☆☆

でたー。
中年層が多い囲碁ボケラーにあって、一気に平均年齢を下げてくれるゆうすけさんの、いかにもなアニソン替え歌。
大丈夫ですよ~。pgは飯島真理の「愛・おぼえていますか」も知ってますが、ライオンも知ってます。
まず、出だしの「星」から一気にイメージが広がりますよね。
こうしてみると、アニソンの中にもたんまりネタはあるものです!キラッ☆
 
「ギザギザハートの子守唄」

 始めた頃から筋悪で
 見込みがないといわれたよ
 それでも続けてきたけれど
 打てば打つほど手が荒れる

 あー 勝たせてくれとは言わないが
 どうしてこんなに下手なのか
 ララバイ ララバイ おやすみよ
 ヘボヘボ碁キチの子守唄(asutoronさん)


ボケ度☆☆☆
完成度☆☆☆

筋悪で見込みがないといわれてしまうとは!
しかし、そこでもへこまずに頑張るへぼへぼ碁キチたちへの応援歌ですね。

Jump (Van Halen)

某O青年
I get up, and nothing gets me down.
You got it tough. I've seen the toughest soul around.
And I know, baby, just how you feel.
You've got to roll with the punches to get to what's real
Oh can't you see me standing here,
I've got my back against the record machine
I ain't the worst that you've seen.
Oh can't you see what I mean ?

Might as well jump. Jump !
Might as well jump.
Go ahead, jump. Jump !
Go ahead, jump.  
パシッ

相手「二間に飛ぶなら早く飛べよ!」
席亭「それより、碁会所でギターやめてよ。」(nipparatさん)

オラトリオ メサイア 全編(ヘンデル)

  1. Arioso (Tenor)
Comfort ye comfort ye my people, saith your
(中略)

54. Chorus
神よ この碁を勝たせたまえAmen. (nipparatさん)


ボケ度☆
完成度☆

二曲とも、どこが囲碁ボケなのか(途中に小ネタが入っていたとしても)判別できません(汗
しかもpgは英語が苦手です。
特に、二曲目は評価不可能です。

デビルマンのうた

あれは誰だ 誰だ 誰だ
あれは イーミン イーミンちゃん イーミンちゃん
全切り者の名を受けて~
すべてを捨てて~ たたかう女~
イーミンチョップはパンチ力!
イーミンキックは破壊力!
イーミンアイなら透視力!
イーミンカッターは岩砕く~
悪魔の力~身につけた~
正義の~ ヒーロー~ イーミンちゃん イーミンちゃん(nipparatさん)


ボケ度☆☆☆
完成度☆☆

題材にされがちなイーミンちゃんですが、ここまでパワフルだと脱帽。

王者!侍ジャイアンツ

歌:横田先生

王者の星が~ 俺を呼ぶ~
俺はヨコチン~ 呼ばれたからは~
鉄のヨコチンの 折れるまで~
熱い血潮の 燃え尽きるまで~
熱球ひとすじ~ 命をかけた~
カンキ野球部の~
カンキ野球部の~旗のもと~(nipparatさん)


ボケ度☆☆☆
完成度☆☆

いや、確かに関西棋院の野球部のエースですが。
微妙に倫理コードすれすれなのは、関西棋院の野球部の実力と比例しているってことでしょうか?


「世界にひとつだけの花」

♪そうさ~、ここらは
世界にひとつだけのおらが黒地
ほかの場所には陣地が無いから

そんな簡単に荒らさないでくれ
一所懸命にならないでくれ~♪(nodoka510さん)


ボケ度☆☆☆
完成度☆☆☆

かなり切迫した心の叫びがここに!
生々しくて、非常に哀感がこもった秀作ですね。

山口百恵 / プレイバック Part2

黒地の中を走り抜けてく真っ白なポルシェ
一人旅なの私気ままにハンドル切るの
交点では隣りの石がミラーこすみ付けてきたと
怒鳴っているから
私もついつい大声になる
馬鹿にしないでよ そっちのばんよ
ちょっと待って Play Back Play Back
今の一手 Play Back Play Back (kagemさん)


ボケ度☆☆
完成度☆☆☆

「こすみつけてきた」「今の一手」をうまく混ぜて、鼻歌として歌うには非常にコンパクトでいいと思います。
歌いあげ系なので、ちょっと横の人に邪魔になるかも?

Romanticが止まらない/C-C-B

長い壁の途中の[Fu-Fu さりげなく]
断点を突破した [Fu-Fu 指さきで]
黒の地の領域へと
はみだした君の白石
誰か Romantic 止めて Romantic
黒地が黒地が小さくなる
惑う僕に 甘く囁く
あほーみたい この石は止まらない (kagemさん)


ボケ度☆☆
完成度☆☆☆

もうすこし手を加えてもいいかな?と思うイジリどころいっぱいの歌なので、惜しいですね。
ただ、「この石は止まらない」ってところは実感があります。

「小さな恋の歌」

広い碁盤の数ある一つ 黒い右辺の広い世界で
小さな白の思いを砕く 小さな島の急所に黒が
一撃されて時は流れる 思いをこめた悪手もふえる
いつしか私神にお願い 時に激しく 時に切なく
願いは遠く遥か彼方へ 小さな石はダンゴに変わる
ほ~ら わたしにとって大事な石ほど すぐ攻められるの
た~だ あなたにだけ届いてほしい 響けヘボの歌
ほ~ら ほ~ら ほ~ら 響けヘボの歌(新米刑事さん)


ボケ度☆☆☆
完成度☆☆☆

これもまた、力作です。かなり哀感があふれています。
「思いをこめた悪手もふえる」ってところがいいですね。

こういち先生
「望郷じょんがら」

泉美は俺ん子 張栩は婿よ
みんなは達者か 変わりはないか
昔が恋しや 花いちもんめ
アア・・・・ア・・

爺さまが叩く こばやし流の泣き三味線が
風にちぎれて 聞こえてくるよ
名人の妙手に ぐらりと酔えば負け筋浮かぶ
寂しさひとつ なみだが落ちる
勝ちたいよ 勝ちたいね
勝利は夢の中 (新米刑事さん)


ボケ度☆☆☆☆
完成度☆☆☆☆

意外となかった演歌系の替え歌ですが、初めの一行でノックアウトされました。
その後の流れも完璧。
「こばやし流の泣き」ってのもいいですねぇ。

会津磐梯山

「小原庄助さん
なんで大石つぶした
無理手 無理筋 ダンゴが大好きで
それで大石つぶした
はあ もっともだ もっともだ」(nipparatさん)


ボケ度☆☆☆☆
完成度☆☆☆

民謡系。さらに、碁会所系というか、非常に共感できる小品。
味わい深いですね。

短めの囲碁ボケ編

歌の中の一小節やら、短めなフレーズに味をつける。
まさしく「鼻歌」にふさわしい、好ましい囲碁ボケです。

わかってるけどできない
森山直太朗「生きてる事が辛いなら」の替え歌
二眼の生きが 辛いなら いっそ小さく 捨てればいい (ゆうすけさん)


ボケ度☆☆☆☆
完成度☆☆☆

「わかっているけどできない」の一言が心に沁み入る替え歌。
「いっそ小さく」が効果的です。

大石を取られ時1
タイトル 仰げば尊し
「今こそ別れめ いざさらば」

大石を取られ時2
タイトル 森の石松三十石道中
「江戸っ子だってねえ、食いねえ食いねえ大石食いねえ」

大石を取られた時3
タイトル マイムマイム
「マイッタア マイッタア マイッタア マッタア
マアイッタ  マタカッ
マイッタア マイッタア マイッタア マッタア
マアイッタ  マタカッ」


ボケ度☆
完成度☆☆☆

その1は替え歌になってません!アウト!
その2は替え歌になってますが、特定の棋士限定ですな。
その3は二連発ですね。最後の最後でちょこっとバリエーションがほしいところでした。それなら完璧かな?

フィンガー5 恋のダイヤル6700
「陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳~」(nipparatさん)


ボケ度☆☆☆☆
完成度☆☆☆

いくらなんでも陳多すぎです!

「I MISSED“THE SHOCK”~中森明菜」サビのみ

  I MISSED“THE SHOCK”
    
    ありゃ、こりゃヤバイ!  

    お願い!そこ打たないで!

  I MISSED“THE SHOCK”

    ほら眼がないよ~(T▽T;)
    
    大石!昇天しちゃっ~たぁ!

  SHOCK!  SHOCK!  SHOCK! (tengen55さん)


ボケ度☆☆☆☆
完成度☆☆

碁会所で女性囲碁打ちさんが歌いだしたら、ものすごく違和感がある碁会所になって逆に良い気がします。
「大石!昇天しちゃったぁ!」がちょっとエロいです。

蛍の光
「蛍の光~ 席亭の頭~」
席亭「コラッ!俺のが明るいわいって、何言わすんじゃい!」(nipparatさん)


ボケ度☆
完成度☆

これも、替え歌になってない気がします。
あとの突っ込みに力がないと厳しい感じです。

よう打ち込んだのうワレ!
ちっとは遠慮せんかい!
オンドレ何さらしとんど!

生きると思うとんのかいワレ!
ぶち殺したるどワレ!
オンドレ何さらしとんど!

碁打ちのオッサンの唄 碁打ちのオッサンの唄♪ (郷禄介さん)


ボケ度☆☆☆
完成度☆☆☆☆

たぶん、南河内の碁会所では、すでに歌われていると思われます。
けんか腰っぽいけど、すべて愛が含まれているからオールオッケーですね!

「ドナドナ」

♪かわいい大石 取られていくよ
 かわいそうに目がなく死んでるよ

 ドナドナドナドナ アゲハマのせて
 ドナドナドナドナ 皿からもれる (kyonchnさん)


ボケ度☆☆☆☆
完成度☆☆☆☆

これぞ、哀愁の囲碁ボケ替え歌鼻歌バージョン。
ドナドナ自身が哀愁あふれる歌なのに、それ以上に悲しみがあふれます。
歌いながら、相手にハマを埋められる時用の歌も歌いたいです。

「いづもや」のメロディーで

♪ほんにポン抜きは いつもやでー

「花の新婚!カンピューター」のメロディーで

♪フーフッフッ カンピューター
 フーフッフッ カンピューター
 フーフッフッ カンピューター

 手筋一発 カンピューター~


同じメロディーでもう一つ

♪フーフッフッ カンピューター
 フーフッフッ カンピューター
 フーフッフッ カンピューター

 石田秀芳 カンピューター~

ドリフの「いい湯だな」で

♪碁盤バ盤盤盤 (目があるか?)
 碁盤バ盤盤盤 (勝手読みか?)
 碁盤バ盤盤盤 (コウにもならないぞ!)
 碁盤バ盤盤盤 (ダメ詰まってるぞ!)

 もう一局~☆ (kyonchnさん)


ボケ度☆☆☆☆
完成度☆☆☆☆

浪速のモーツァルト・キダタロー先生の名曲を三タイプで。
いづもやの微妙な替え歌詞具合は、いいとこくすぐってきていますね。
カンピューターはもうひとひねりがほしかったです。
いい湯だなのリズム感も、対局中に歌うにはグッドです。いますぐ使える鼻歌ですね。

「帰って来たヨッパライ」より
おらは死んじまっただ~
黒は死んじまっただ~
白の一撃で~
天国に行っただ~ (郷禄介さん)


ボケ度☆☆☆☆☆
完成度☆☆☆☆☆

いいですねー。これはもう簡潔で分かりやすくて、直接心に響いてきます。
投了寸前の時にぜひ歌いたいです。


「リンダリンダ」で

♪死んだ死んだ~
 死んだ死んだ死んだ~
 死んだ死んだ~
 死んだ死んだ死んだ (kyonchnさん)


ボケ度☆☆☆☆☆
完成度☆☆☆☆☆

「リ」を「し」に変えただけで、こんなにも囲碁ボケ鼻歌になってしまう。
もと歌のパワーがそのまま替え歌に乗り移ったかのようで恐ろしいです。

あの鐘を鳴らすのはあなた

客「町は今 眠りの中
あの鐘を 鳴らすのは あなた
碁打ちはみな 悩みの中
あの鐘を 鳴らすのは あなた」

席亭「碁会所で熱唱するな!」( nipparatさん)


ボケ度☆☆
完成度☆☆☆

原曲にかぶりすぎているので、少し面白さが薄まってしまったかな?
ただ、席亭とのやりとりで、この曲が歌いあげ系であるとはっとすると、とたんに面白くなる作品ですね。「♪はのかねほー」と歌うところがみそです。

ボヘミアン(葛城ユキ)

ヘボゴヤ~~ン (nipparatさん)


ボケ度☆☆☆☆☆
完成度☆☆☆☆☆

これですよ。この歌も歌いあげ系ですが、この一節だけで三十年は食べていけそうです。


「リンゴ殺人事件」

フリ フリ フリ フリ フリ フ~リ
フリ フリ~ 陳ブラン
あ~ 悲しいね~  悲しいね~ (プリンさん)


ボケ度☆☆☆
完成度☆☆

陳ネタはかならずきますね。
ここまで普及すると碁会所でのお茶うけに、陳ブランがすでに常備されているのかもしれません!

「この大空に翼を広げ 飛んでゆきたいよ~~   
悲しみの無い自由な空へ 翼はためかせ~~   
ゆきたい~~~~」
席亭「あんた、もう盤上全滅してるよ。」(nipparatさん)
 

ボケ度☆
完成度☆

nipparat総裁、替え歌になってません。
ただし掛け合いとしては、おもろーです。

東京砂漠(内山田洋とフィンガーファイブ)

一コウあれば ああ 一コウあれば
陽はまた昇る この連敗地獄
一眼あれば ああ 一眼あれば
陽はまた昇る この連敗地獄 (nipparatさん)


ボケ度☆☆☆☆
完成度☆☆

こちらは、ちゃんと替え歌になってるんですが、歌ってる人が違ってます。
クールファイブですね。
たぶん、クールファイブとフィンガーファイブがごっちゃになっている模様。

「泣かないで」館ひろし
(中野泰宏九段が石田芳夫九段に懇願しながら)

ぬかな~いでぇ~♪
ぬかな~いでぇ~♪
ボケネタにされるからぁ~♪八(T◇T*)(|郷禄介さん)


ボケ度☆☆☆☆
完成度☆☆☆☆

プロ棋士限定ネタ。
たぶん、津軽三味線にのせて、歌ってらっしゃると思います(あくまで想像)。

「十人の小さなインデアン」で

♪ One little, two little, threeも小さい目いらん ( kyonchnさん)


ボケ度☆☆☆☆☆
完成度☆☆☆☆

このボキャブラ力。さりげなさ、適材適所という選曲。
さすがというよりないです。

「酒と泪と男と女」

負けて 負けて 明日も負けて
負けて 負け潰れてやめるまで負けて
やがて碁吉は静かに寝むるのでしょう(新米刑事さん)


ボケ度☆☆☆☆☆
完成度☆☆☆☆☆

めっちゃ哀愁!
しかもこの♪負けて~の連発が、碁吉たちの哀愁をさらに掻き立てます。
題意を得た「鼻歌」にもぴったりですね。

「移民の歌」より
o(;>△<)Oぎゃあぁぁぁぁぁーーーーあぁーっ!!!
o(;>△<)Oぎゃあぁぁぁぁぁーーーーあぁーっ!!!

ただの悲鳴やがな・・・(ーー;)

シェェェェェーーーーエェーッ!!!ヽ( ̄▽ ̄*丿
シェェェェェーーーーエェーッ!!!ヽ( ̄▽ ̄*丿

依旻の歌かよ!!ヾ(ーー )( 郷禄介さん)


ボケ度☆☆
完成度☆☆☆

移民の歌、二連発。どちらも悲鳴にしか思えません。
このばかばかしさが、囲碁ボケですね。

4連星からさらに天元へ

(銀河鉄道999)
 
 ザ ギャラクシエク※☆○×☆※#$ж%
 Я$※¢£×○※☆○×☆※#$ж%※☆
 ~ジャ~ニー
 ジャ~ニー! トウ ザ スタ~ズ

席亭「知らんのに歌うな!」(nipparatさん)


ボケ度☆☆☆
完成度☆

英語の苦手なpgですが

ギャラクシーエクスプレススリーナイン(銀河鉄道999)
というところはわかっていました。
知らんのに歌うな!の突っ込みがもう少し、ひねりがほしかったです。
それにしても、いろんな記号が並んでますな。

「ソーラン節」で

♪や~れん コウ材 コウ材 コウ材 コウ材 コウ材

 ない!ない!orz ( kyonchnさん)


ボケ度☆☆☆☆☆
完成度☆☆☆☆☆

いいですね!リズム感といい、最後のうなだれorzといい。
これはもう、絶対コウの場面で歌いたいです。


ということで、皆さんとてもユニークな替え歌、ありがとうございました。
審査までもう少しお待ちを。

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。