ぴぃじぃ☆らんど

~ただいま休止中(近日再開予定)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第124回新囲碁でボケろ!!


第124回新囲碁でボケろ!!

新囲碁でボケろ!!看板

Go!Rock!!Skate!!!にて各賞発表済み!!



お題

日本棋院の歌
なんじゃそら!の歌いだしを考えましょう。
(七五調で)





講評はこちら

各賞発表はこちら




☆pg作品・あれこれ☆

一日一ボケを目指し投稿しようと思っていたのだが、今回は世界アマ戦があってなかなかうまくいかなかった。
それでも

♪Go~Go~Go~囲碁 囲碁囲碁Go~

の超馬鹿ばかし系が囲碁ボケくんを獲得してくれた。
自分の中でも、もし賞にひっかかるとしたらこれかな?と思っていた。
これからもがんばろう。

スポンサーサイト

第123回新囲碁でボケろ!!


第123回新囲碁でボケろ!!

新囲碁でボケろ!!看板

碁会所日報にて。各賞発表済み。



お題

日本囲碁ボケ棋院が行う
デモ行進の際に叫ぶ要求を考えましょう。




講評1はこちら

講評2と各賞発表はこちら




☆pg作品・あれこれ☆

先日pg里帰りの折、またもや京都女流囲碁ボケラー名人戦がおこなわれたのであった。
今回は二勝二敗の後を受けた、タイトル戦なら大山場である。
結果、kyonchnさんの二連勝で、ついにkyonchnさんは初代囲碁ボケ女流名人となられたのであった。

「やりにいってはやられかえす」の繰り返しで負けていたpg。
心を入れ替え「やらずに頑張る」にしたら、四隅を取って碁を落とすという信じがたい棋譜を描くことになり、すでに二人の実力は決したと思われる。

その後打たれた女流囲碁ボケ早碁選手権では、kyonchnさんの思いっきりな見損じポカに助けられ、pgが辛くも勝利。
ところを変えての勉強会でも、読みミスをしたpgの石を、どういうわけかkyonchnさんが抜かれず、一手パス状態のところへ打たれてしまい、pgがぎりぎり逆転勝利したのであった。
ただ、やはり実力の差は歴然としており、二人の互い先手合いが、近い将来、定先・二子となるであろう。


さて、長々と前置きしたが、今回のMVP獲得は負け続けたpgへの温情か?

一ボケ一目増しー!

普通のスローガンっぽく投稿してみたのだが、驚くことに好評価だった。

ネット碁対局場でのボケ逃げ禁止ー!!
打つ前に石の消毒をー!


の二作は自分の中で手前勝手に受けていたので、たぶんダメだろうとおもっていただけに、降ってわいたような幸いである。
ええじゃないか騒動で、空からお札が舞い降りてきたような感激があった。


当面の目標はタイゼム賞に輝いた暁にある総裁との7子局である。
8子局で勝たせてもらったので、なんとしても石を一つ減らしてチャレンジしたい。
なので、今週もがんばりまする。


第122回新囲碁でボケろ!!


第122回新囲碁でボケろ!!

新囲碁でボケろ!!看板

碁盤を囲んでにて終了。



お題
「~~を反省しました」
「で、これからどうするの?」
「・・・・・」





講評はこちら

各賞発表はこちら





☆pg作品・あれこれ☆

実家に帰省中ということもあって、二題しかボケられなかったのが悔しい。
その中で

「早打ちを反省しました」
「で、これからどうするの?」
「打った後、指を離すまで10分かけることにしました」


がスーパー囲碁ボケくんに。またもう一方の

「碁会所でのぼやきが多いと、対局者から文句を言われたので反省しました」
「で、これからどうするの?」
「無言ではがすことにしました」


が囲碁ボケくんに選ばれるという快挙。
自分自身も時々ハガシてしまうので(汗)これからは戒めたい。
ともあれ、取ってもらえて光栄です。ありがとうございます。



第121回新囲碁でボケろ!!


第121回新囲碁でボケろ!!

新囲碁でボケろ!!看板

nipparatの日記にて!!



お題
エコパアリーナの世界アマでの斬新な企画とは?





講評1はこちら

講評2と各賞発表はこちら



第120回新囲碁でボケろ!!各賞発表


第120回新囲碁でボケろ!!各賞発表

新囲碁でボケろ!!看板

お題
いままで、どうしても勝てなかった相手に楽勝して、鼻歌交じりの烏鷺烏鷺雄さん。
そんな彼の裏技はなんだったのでしょう?

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、○○」



総評
今回のお題は急ごしらえだったので、以前にも同じようなお題があったんじゃぁ?と思うことがあったわけですが、みなさんさまざまにボケてもらえて本当によかったと思います。

ただ、「普通に棋力が上がる努力のもじり」というのではつまらない。
そこは新囲碁ボケになって120回もやっているのですから、荒唐無稽な世界観も見せてほしいところです。

ですので、今回の選考のポイントはどれだけボケとしてはねているかに焦点を合わせてみました。
では、各賞の発表です。

MVP(スーパー囲碁ボケくん) hexagoban(徒然亭方円)さん
スーパー囲碁ボケくん 「どうして、急に強くなったの?」

「だって、頭に浮かんだ手の隣に打つことにしたんだ」


優秀作品(囲碁ボケくん) nipparatさん 
囲碁ボケくん 「どうして、急に強くなったの?」

「自分のDNA検査したらね、6代上にパンダがいたことが分ってね。」


優秀作品(囲碁ボケくん) PIKACHUさん 
囲碁ボケくん 「どうして、急に強くなったの?」

「メキシコで病気になったら急に読めるようになったんだ」


pg特別賞 asutoronさん

「どうして、急に強くなったの?」
「うむ。君が不思議に思うのも無理はない。
 あれだけ勝てなかった相手をいとも簡単にやっつけてしまったわけだからな。
 そして君の質問には2つの重要なポイントがある。
 それはまず、私が強くなったことを認めていることだ。
 囲碁の力関係は相対的だから、私が強くならずとも相手が弱くなれば勝てるとしたものだ。
 そこを君は私が強くなったと言った。
 君も少しは見る目があるということだな。
 しかも何の躊躇もせずそれを素直に認めた。
 他人が強くなると、えてしてひがむ人種がいるものだが、そういうやからは強くはなれんよ。
 その点でも君は見込みがあるといえるかもしれん。 
 そして2番目のポイントは、「急に」と言ったところだ。
 棋力というものは、こつこつ地道に努力したからといって、必ずしも上達するものではない。
 報われないかもしれない努力を続けられるかどうかが大事だともいえる。
 しかし、君は私が著しく短期間に上達したことに気付いた。
 普通に詰碁に取り組んだり、棋譜並べをしたりすること以外に、何かあると睨んだわけだな。
 そうでなければ、「急に」上達することなど考えられないからな。
 だが、そこに君のあさましさが露呈してしまったな。
 あわよくば自分も急に上達したいと思ったんだろう?
 甘いな。
 大体、そういうことを何気に聞く奴というのは、努力せずに成果が得られると勘違いしている。 そんな宝くじに当たるような話がそうそうあると思うか?
 そもそも、棋力は人から教わったからといって簡単に身につくものではない。
 目で見て感じて、自ら掴み取るものだ。
 もし君に見所があるとしたら、私の立ち居振る舞いを見て何かをつかめるだろう。
 まあ、せいぜい頑張ってみることだな。」

タイゼム賞 kyonchnさん

「どうして急に強くなったの?」
「ひとりの科学者が命がけで手に入れたすべての碁打ちが求める魅惑の成分を配合したのだ。」

そして、今回の「虎の穴行き」は

ボケるどころか、出題すら見ていなかった!というゆうすけさんです。
次回のnipparat総裁のお題のときは、ちゃんと出題を確認し、10投稿以上できるように、虎の穴で修行してきてください!


ということで、各賞発表でした。
惜しくも選考から漏れた方々、申し訳ありませんでした。また、次回もご参加くださいね♪
ありがとうございました。




※追記

MVPを変更いたしました。
選者が知らぬこととはいえ、きわどい作品であり、囲碁ボケの楽しさとは逆行するものと判断し、今回は次点で最後まで悩んでいた作品をくりあげました。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
ご了承ください。

第120回新囲碁でボケろ!!講評2


>>講評1の続き

nipparatさん

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、今市ヶ谷駅に住んでるから。」

☆駅に住んでる!最寄駅が市ヶ谷じゃないところが、大ボケですね。

あっじょさん

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、俺のIDで打ってるの、妻のイーミンだもん」

☆棋院スキャンダル!
イーミンさんご結婚か?って、別に謝さんとは限定してませんね。


「どうして、急に強くなったの?」
「だって、この間火星人に『宇宙は19路盤より広いぞ』って言われて、急に碁盤全体が見えるようになったのよ」

☆これはいま一つ。
火星人にしてしまうと、急に世界があの色になっちゃって、つきぬけ系になれませぬ。


「どうして、急に強くなったの?」
「打ちたいところは変わってないんだけどねぇ。乱視が強くなっただけで」

☆こちらのほうが、ストレートでいいですね。

hexagoban(徒然亭方円)さん

「どうして急に強くなったの?」
「だって、頭に浮かんだ手の隣に打つことにしたんだ」

☆上のあっじょさんのボケとかぶるところがありますが、こちらの方がすっきりしてるかな?

あっじょさん

「どうして、急に強くなったの」
「だって、この間、ラテンダンスを取り入れたダイエットDVD『ゴハリズム』を買ったの。
1日目~5日目は基本プログラムで、いきなり杉本彩風な衣装を着た武宮先生が「強くなりたいなら、腰を振りましょ」と言って踊りながら3連星のレッスンをしてくれたの。
6日目~7日目は上級プログラムで、サンバのリズムに乗ったケーゴ先生が攻め合いの急所をたっぷり教えてくれたわ。
浪曲で踊るヨーダブートキャンプと津軽三味線に乗って突っ込む中野先生のおまけも効果的だった。
おかげで一週間で置石が3個も減ったわ」

☆長!
これだと烏鷺烏鷺雄さんは、かなりのナイスバディですな。


tengen55さん

「どうして、急に強くなったの?」

「だって、考えるのやめたんだもん!!」

☆きたーーーーーーーーーーーーー!
究極の問答。
しかし、囲碁ボケとしてはきれいすぎるのが難点だ!


nipparatさん

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、詰め五郎をやってるから。」
「詰め五郎って何?」
「教えてたまるかい!」

☆詰め五郎ってなんですか?教えてぇ!

「どうして、急に強くなったの?」
「昨日で、石の上に住んで3年なんだ。」

☆総裁らしからぬ洗練された美しさボケ。
似合わなさすぎるので、却下。


あっじょさん

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、この間『お嬢さんを僕に下さい』と言われて、思わず『俺に囲碁で勝ったら許してやる』って答えちゃったのよ」

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、アイドルユニット『corsume』のメンバーになったから。デビュー曲、聴いてください『テレビイゴ』」
歌詞を見たい方はこちら
http://blog.goo.ne.jp/shonan-igo/e/eada3ee14ae8577a2f48f5a5419c3a36

☆やはりプロデュースは中野ヤスタカ氏ですか?

ひろさわさん

「どうして、急に強くなったの?」
「先手でした」

☆・・・・これはぁ。非常に高度なボケなので、突っ込みの言葉を失ってしまいました。

kyonchnさん

「どうして急に強くなったの?」
「えっ、これ連珠じゃなかったの!?」

☆かならずある「オセロ・連珠」ネタ。今回もやっちまったなー。

asutoronさん

「どうして、急に強くなったの?」
「犬を飼い始めましてね。」

「どうして、急に強くなったの?」
「毎日、詰碁を100問解き、
 毎日、棋譜を10局並べ、
 そして、実戦の後は必ず上手に手直ししてもらう。
 そういう自分をイメージし続けたのです。」

☆これはいいです。
イメージトレーニングもここまでいけば、大ボケです。


「どうして、急に強くなったの?」
「実は二面打ちをするようにしましてね。
 同時進行で検討しながら打っとるんですわ。」

☆これはボケになってません。ネット碁などで、ちょくちょくpgがやって(以下略

PIKACHUさん

「どうして、急に強くなったの?」
「毎日秀策のお墓参りに行ったから」
「・・・まさか因島まで?」
「もちろん(*^_^*)」

☆「もちろん」としっかり言うところが、ボケですね。

「どうして、急に強くなったの?」
「まさか君が僕の恋人の浮気相手だったとはね・・・(不敵な笑み)」

☆これはぁ~
・・・むずかしいぞ!講評が。


nipparatさん

「どうして、急に強くなったの?」
「中指に入れる力を5%、親指の角度を2%変えたんだよ。」

☆いいですね。この微妙な角度・・ってほとんど変わらんやんか!

「どうして、急に強くなったの?」
「君に勝つために死神に魂を売ったんだよ。」

☆ボケてません。きっと、やってる人がいます。

asutoronさん

「どうして、急に強くなったの?」
「米のかわりに碁石を食べ、まさに囲碁漬けの生活をしておりました。
 やはり黒石より白石の方がうまいです。」

☆pgとしては十六雑穀米を食べてるんで、黒石は2割混ざっていたほうがおいしいと思います。

「どうして、急に強くなったの?」
「うむ。君が不思議に思うのも無理はない。
 あれだけ勝てなかった相手をいとも簡単にやっつけてしまったわけだからな。
 そして君の質問には2つの重要なポイントがある。
 それはまず、私が強くなったことを認めていることだ。
 囲碁の力関係は相対的だから、私が強くならずとも相手が弱くなれば勝てるとしたものだ。
 そこを君は私が強くなったと言った。
 君も少しは見る目があるということだな。
 しかも何の躊躇もせずそれを素直に認めた。
 他人が強くなると、えてしてひがむ人種がいるものだが、そういうやからは強くはなれんよ。
 その点でも君は見込みがあるといえるかもしれん。 
 そして2番目のポイントは、「急に」と言ったところだ。
 棋力というものは、こつこつ地道に努力したからといって、必ずしも上達するものではない。
 報われないかもしれない努力を続けられるかどうかが大事だともいえる。
 しかし、君は私が著しく短期間に上達したことに気付いた。
 普通に詰碁に取り組んだり、棋譜並べをしたりすること以外に、何かあると睨んだわけだな。
 そうでなければ、「急に」上達することなど考えられないからな。
 だが、そこに君のあさましさが露呈してしまったな。
 あわよくば自分も急に上達したいと思ったんだろう?
 甘いな。
 大体、そういうことを何気に聞く奴というのは、努力せずに成果が得られると勘違いしている。 そんな宝くじに当たるような話がそうそうあると思うか?
 そもそも、棋力は人から教わったからといって簡単に身につくものではない。
 目で見て感じて、自ら掴み取るものだ。
 もし君に見所があるとしたら、私の立ち居振る舞いを見て何かをつかめるだろう。
 まあ、せいぜい頑張ってみることだな。」

☆えーと、えーと・・・えーと。せいぜい頑張ってみます(←覚えられなかったらしい)


ということで、講評という名のお披露目でした。
各賞発表は、もう少しお待ちください。



第120回新囲碁でボケろ!!講評1


第120回新囲碁でボケろ!!講評

新囲碁でボケろ!!看板

お題
いままで、どうしても勝てなかった相手に楽勝して、鼻歌交じりの烏鷺烏鷺雄さん。
そんな彼の裏技はなんだったのでしょう?

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、○○」




一晩で一気に強くなれたら・・・
そんな願望って誰しもありますよね。無理だとは知っていても、棋力アップしてみたい・・・
今回はそういう当たり前の気持ちをボケるというお題に挑戦していただきました。

では、投稿作品の中で、選者の心にびびびとくるものをピックアップさせていただきますね。

郷禄介さん

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、定石忘れたんだもん」

☆まずは、スタンダードな逆転発想ボケ。スタートネタとしてはいい感じです。

tengen55さん

「どうして急に強くなったの?」
「だって、カミさんと今年のお小遣い全部賭けたんだもん!」

☆これも、よくあるタイプですね。たしかに全部賭けたら必死にもなります。
しかぁし、お題をよく見てもらえたら「鼻歌まじり」という部分がありますから、必死さはいらなかったかもしれませんね。


あっじょさん

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、仕事クビになってブルーワーカー使い始めたからさ~」

☆囲碁ボケ対局で、実力の片りんをみせたあっじょさん。力を入れなくていい部分に着目してるところがいいです。馬鹿ばかし系ですね。

きよりんさん

「どうして、急に強くなったの?」
「途中から碁笥を交換しました^^)」

☆これもスタンダードボケですね。予想の範囲内だったのが惜しい。

nipparatさん

「どうして急に強くなったの?」
「昨日ビルの30階から飛び降りたせいかな。」

☆囲碁ボケの在り方というのは、こういうことだと身をもって教える力作。
突き抜けすぎて、はるかかなたまでいってしまうところが総裁の底力です。


ひろさわさん

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、今日はエイプリルフール」

☆一ヶ月遅れですね。ひねりがほしかったです。

郷禄介さん

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、ついに手に入れたんだよ、機械のカラダ」
「鉄郎?!」

☆身体は機械になっても、頭が生身だと強くなれないよーという突っ込みが来そうな感じですが、それもひっくり返してギャグにするあたり、趣向?

kyonchndさん

「どうして急に強くなったの?」
「何を言っとるか!わしゃ道策じゃ。」
「うぉぉ~~!俺もボケたら秀策になりてぇ~~~~!!」

☆烏鷺烏鷺雄さんは、ボケてたんですね!
選者の意識の向こうを見据えた凄ボケ。


tengen55さん

 「どうして急に強くなったの?」

 「だって、負けたら見せる約束しちゃったんだもん(//・☐・//;)」

 「・・・○ン○ン バレー??Σ(~∀~||;)」

☆るんるんバレーですね。

PIKACHUさん

「どうして、急に強くなったの?」
「昨日おじいちゃんの倉で血の染み付いた碁盤見つけたから(*^_^*) 」

☆祝:ヒカルの碁再放送!

nipparatさん

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、毎日7寸碁盤を担いでランニングしてるから。」

「どうして、急に強くなったの?」
「アゲハマをこぼさず50個蓋に入れる技術を習得したからね。」

☆道具ボケ二連発。
アゲハマに石50個も入れたら、打つ石がなくなりそうです。


「どうして、急に強くなったの?」
「ひと月前に記憶喪失になってね。それからもう一度碁を覚えたんだよ。」

☆馬鹿ばかし系の多い総裁が、きれいなボケを投稿すると「なにか裏があるんじゃ?」とか「別人投稿なんじゃ?」と疑ってしまいます。

「どうして、急に強くなったの?」
「カツ丼大食い勝負でイーミンちゃんに勝ってね。すっかり自信つけたよ。」

「どうして、急に強くなったの?」
「自分のDNA検査したらね、6代上にパンダがいたことが分ってね。」

☆やはり総裁。パンダがいれば、囲碁も白黒つきやすい。

新米刑事さん

「どうして、急に強くなったの?」
「ここの俺の地がひい、ふう、み、よ、いつ、今何時?」
「えっと、十一時だよ。」
「十二、十三・・・。」

☆古典落語「時うどん(上方)・時そば(江戸)」ボケ。6から12までサバが読めるところがいいですね。

PIKACHUさん

「どうして、急に強くなったの?」
「メキシコで病気になったら急に読めるようになったんだ」

☆この時期、禁断のボケ。
本当に読めるようになるなら、かかってもいい・・というのは行き過ぎかも?


kyonchnさん

「どうして急に強くなったの?」
「わたしは、神だ。おまえの、ような、いち、たみの、つまらぬ、石を、ころす、こと、など、わけも、ない。これから、おまえの、石、に、死、という、恐怖を、あたえて、やろう。」
「わぁ、なんやこいつ。こわいわぁ。」
「すべての神よ、すべての生命よ、この、石に、攻め、という、恐怖、そして、圧迫、そして、絶えまない、死、への恐怖、を、この、盤の、上で・・・・」
「わたしだ。」
「おまえだったのか。」
「まただまされたようだな。」
「まったく気付かなかった。」
「いち、たみの、たわいもないあそびに、いちいちつきあうものではない。」
「することが、ないのだ。」
「ガルファンの埋葬は済んだのか?」
「一千年前に、終わらせている。」
「ふむ・・・・・・・」
「我々は」
「(二人で)ひまだ。」

☆若手お笑い芸人ネタボケ。これは諸刃の剣なので、多用はpgにだけ許されております(嘘)。

「どうして急に強くなったの?」
「ミスターマリックに弟子入りして、そこになかった石を出現させたり消したりする技術をマスターしたんだ。」

☆中堅芸人ネタ??おや???

「どうして急に強くなったの?」
「ひとりの科学者が命がけで手に入れたすべての碁打ちが求める魅惑の成分を配合したのだ。」

☆男性にはわかりにくいヘアケア製品のCMパロボケ。
実はpgもはじめはそのウラに気が付いておりませんでした。



>>長くなったので2に続く

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。