ぴぃじぃ☆らんど

~ただいま休止中(近日再開予定)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第154回新囲碁でボケろ!!講評


第154回新囲碁でボケろ!!講評

新囲碁でボケろ!!看板

お題
囲碁ボケ的「囲碁の魅力」とは?





今年最後の囲碁ボケは、投稿期間変更の事前告知が不十分であったことをまずお詫び申し上げます。
実は書くのを忘れていたわけで(汗)。
前日に告知したって、誰もみてないのは仕方ないことでした。

それにしても、先走ってお題を出したのにまったく投稿がなかったので、非常にヒヤヒヤしましたが、碁会所日報さんで告知し直していただけたことで少し反応がでたのでほっとしました。

今回でpgお題最終回。
年末のえらいこっちゃのドタバタでみている人も少ないかと思いますがおつきあいください。
囲碁ボケ的「囲碁の魅力」とは、一体何なのでしょう?
囲碁の魅力をそのままに書いちゃダメダメなのはおわかりでしょうけど、囲碁の魅力は多方面に渡っているのでボケてもボケなくてもあてはまっちゃいそうです。
そのあたりを上手く料理してもらえたら、及第点です。

それでは、皆様の力作を順番にみていきましょう。

絶妙な陳ポジ(郷禄介さん)

はい、M-1では本当に絶妙なネタでした。賭けにでた笑い飯ですけど、賭けに破れてしまってはイカンです。
と、関係ない話でしたが、今年も陳ネタは健在でしたね。

--「囲碁の魅力」とは?
「そうだね、やはり最高の暇つぶしだね。あまりにも最高過ぎて、暇も無いのに暇つぶし、ってさ、フフフ」(ひろさわさん)


視点としてはいいんですが、これはちょっとスタンダードすぎるかな?
「暇もないのに暇つぶし」にひねりがあれば、もっと面白かったと思います。

思わずハガシをしてしまう時
かさぶたをはがす時のようなうしろめたさと快感。(kyonchnさん)


かさぶたハガシが趣味のpgですが、囲碁のハガシは趣味じゃないですね。
ただ、思わずハガシてしまうことがあったりなかったりダジバンダリ。

たった361画素なのに、読み切れない。

まさしく、その通り!
pgは九路盤の81画素でも読み切れません。

筋力の威力で棋力を凌駕できる

頭の良さより頭の固さ?
今日から腕立て伏せとベンチプレスをはじめる人は多いんじゃないでしょうか。

一目散に逃げ切ろうとするあまり、一目損で半目負けても、相手を幸せに出来るからいいじゃないか、人間だもの。

みつを的囲碁の魅力ですね。

ツケるだけでかっこつけられる。(以上hexagobanさん)

ゆうゆうと一間飛びできるところから、上達の世界が広がるんですよぉ~♪

囲碁の魅力菩薩(nipparatさん)

一言で決めるところが総裁の技ですね。

そっと石を置くだけで、化けの皮が破れる。(hexagobanさん)

一局終わると人生観が変わることもあるってことですね。

囲碁の魅力の決死圏

これ、「ミクロの決死圏」という映画を知らないとわからんボケですね。
pgは幼い時にこのテレビ版をみて、一生医者にはなるまいと思いました(しみじみ)。

どこぞの紳士のスポーツと違い、
愛人が多いほど褒められる。


褒められはしません。残念!

世の中で唯一、クリスマスより楽しく、妻より愛すべき存在。(以上nipparatさん)

毎回、妻ネタを入れてくる総裁。よっぽど家庭内環境がよどんでいるのでしょうか?

石を打ち下ろしたとき,
碁盤がきれいに割れたときの
爽快感


ズバッとすっぱり切れた時は気分がいいよねーーーってか!

石が固定されていないために起こる
不安定なゆらめきの美.
そして,
シチョウが当たっているときには,
どかすことができる.(fnkyksjさん)


気がつかない時には、そっと優しく。
ばれたときはシレっと!

のぞいても逮捕されない (プリンさん)

逮捕されませんが、ツガれて損することもあります。
生ノゾキには危険がいっぱいです。

ボケられるのにボケ防止になる。(ゆうすけさん)

囲碁ボケ&囲碁ボケの魅力ですな。えへへ。

「碁は鎹(かすがい)」

碁だけで繋がっている縁もあるかも。

相手がいないとボケられない。

大丈夫、棋譜並べという方法もあります。

ボケてもボケても欲が深い

だからこれでは「囲碁ボケ」の魅力ですって。

打つたびに鬱になる。

打つたびに負けてたりすると、どんどん鬱になりまする。

石の声は常に正しい。(以上hexagobanさん)

ぱちっ=all right

ボケぬためとはいいながら
   やつぱりけふもボケてゐる(kyonchnさん)


なにやら、カレンダーの毎日の一言みたいでかっこいいです。
囲碁はボケ防止といわれますが、ボケてない若者でも盤上では見事にボケることはありますもんね。

いじめたり
いじめられたり
倒錯の楽しみ(fnkyksjさん)


倒錯の世界ですか。どこかSであり、どこかMであり・・・
いじめられっぱなしってのは悲しいでっす。

視力を尽くしても負けることがある。(hexagobanさん)

視力が2.0でも負けることがあります。

イゴDEボケールるをキメて打ち、中押尾勝ち。

今年はこれでキメ!

ボケ、懸賞、記念対局のトリプルプレイ!(以上あっじょさん)

これぞ、囲碁ボケ的囲碁の魅力ですね。
ボケられるは、懸賞できるは、記念対局できるは!!
これこそ、至福の時ですな。

ノゾキにいや~んバカまるだし

惜しい!関西系ボケラーなら「いや~ん、お父ちゃんやめてあげて!」です。
これなら、最上級囲碁ボケなんですけど。

陳剣勝負の粗大ゴミ(以上hexagobanさん)

ゴミの重さが肩にきますね。

棋譜を見れば,
過去の陳プレーを
ありありと思い出すことができる.


pg程度のものは、動く碁盤で見ても忘れちまっていることが多いです(涙)。

あまり知られていないが,
実は食べるとおいしい.(以上fnkyksjさん)


そうだったんだーーー!今度食べてみよう。

白黒がハッキリしている。(GO!さん)

うまい!座布団一枚!!

勝つ!
負ける↓
すべる...(fnkyksjさん)


これこそ三段おち!リズム感がありますね。

あーでもない、こうでもないと悩んだ末に、
思ったとおりに筋が決まると気分が良い。
失敗しても、その手があったかと気付きがあるし、
ボケネタの素がひとつ増える。


最後の一文が利いてますね。
pgは失敗ばかりだったので、ボケネタがもっとふえてるはずなのにー。

攻める楽しみ。
受けて耐える楽しみ。(以上asutoronさん)


囲碁ボケお題が浮かばない悲しみ・・・ってか!!

というわけで、皆様のボケをご紹介いたしました。
各賞発表まで、しばしお待ちを~~


スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。