ぴぃじぃ☆らんど

~ただいま休止中(近日再開予定)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【実戦手筋】京都女流囲碁ボケ対決2

京都女流囲碁ボケ対決1

時間が少し開いてしまいましたが、上記のblogからの続きです。

pgの打った手(白56)は、ゆうすけさんのご指摘通りアテ返しでした。

実戦手筋002-2


なぜに?
別にk-5に伸びてて、全然大丈夫じゃん!

・・・今思えば(滝汗)。


でも、この時はこうするのがいいのかと、本気で考えていたので仕方がない。
つまり、何としてでも右辺と下辺を遮断するには切っていかないと!と思っていたのです。
しかも、かなり俗物的に(汗)

このあと、kyonchnさんにポン抜かれてからの進行はさらに露骨の世界をさまよっております。

1-80まで
実戦手筋002-3

さて、見たところさらにツッコミどころ満載です。
なんでまあ、こんなに露骨に攻めているのか・・
神経がそういう闘争本能を持っているとしか思えない図ではありますな。
完全に右辺の白と右下隅の黒の一騎打ち。

・・・ですが。
正直なところをいえば、pgは黒石を取りに行っているわけで、逆にいえば白42と打ちこんだ以上、そして右辺に地を与えている以上、黒67と切られた以上、なんとかここを取らねば~の一心だったのです。
無謀とは知りつつも。

ここでの反省点(全部反省点だということは無視の方向で)

☆白64はm-9に詰めるべきだったのでは?

☆白68は黒69の方からアテるべきだったのでは?

☆白72からの数手の時点でとりあえず中央の一眼をつぶすm-9に打つべきだった

☆白76は大丈夫なのか??


などなど。
とにかく、お互い必死の攻防で、なにがなにやらわかっていなかった(pgの方だけかも)のですが、m-9の場所を後々まで残しておいた誤算が急展開を呼ぶことになりました。

さて、高段者のみなさまからはちゃんちゃらおかしいでしょうが、真剣に戦っている囲碁ボケラー二人。パッと見には白がかなり苦しいような・・・
ここで、kyonchnさんの黒81がどこへ飛んできたか。おわかりになるでしょうか?


>>【実戦手筋】京都女流囲碁ボケ対決3へ続く




スポンサーサイト

コメント

すでに

もしかしてこのまま手抜きで白が取られていたりして・・・

まさか、まさかの

二人とも、たぶん読み切ってはいないと思います。
(確実にpgの方はわかってません)
ただ、高段者の方には読み切れても、初段ちょぼちょぼの実戦なので、さまざまな悪手が飛びだし、みごとな最終図になるという地獄絵巻きが展開されたのです!

という、なにやら「含みのある言い回し」で、回答しておきますv-356
次回を乞うご期待!

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。