ぴぃじぃ☆らんど

~ただいま休止中(近日再開予定)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第120回新囲碁でボケろ!!講評2


>>講評1の続き

nipparatさん

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、今市ヶ谷駅に住んでるから。」

☆駅に住んでる!最寄駅が市ヶ谷じゃないところが、大ボケですね。

あっじょさん

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、俺のIDで打ってるの、妻のイーミンだもん」

☆棋院スキャンダル!
イーミンさんご結婚か?って、別に謝さんとは限定してませんね。


「どうして、急に強くなったの?」
「だって、この間火星人に『宇宙は19路盤より広いぞ』って言われて、急に碁盤全体が見えるようになったのよ」

☆これはいま一つ。
火星人にしてしまうと、急に世界があの色になっちゃって、つきぬけ系になれませぬ。


「どうして、急に強くなったの?」
「打ちたいところは変わってないんだけどねぇ。乱視が強くなっただけで」

☆こちらのほうが、ストレートでいいですね。

hexagoban(徒然亭方円)さん

「どうして急に強くなったの?」
「だって、頭に浮かんだ手の隣に打つことにしたんだ」

☆上のあっじょさんのボケとかぶるところがありますが、こちらの方がすっきりしてるかな?

あっじょさん

「どうして、急に強くなったの」
「だって、この間、ラテンダンスを取り入れたダイエットDVD『ゴハリズム』を買ったの。
1日目~5日目は基本プログラムで、いきなり杉本彩風な衣装を着た武宮先生が「強くなりたいなら、腰を振りましょ」と言って踊りながら3連星のレッスンをしてくれたの。
6日目~7日目は上級プログラムで、サンバのリズムに乗ったケーゴ先生が攻め合いの急所をたっぷり教えてくれたわ。
浪曲で踊るヨーダブートキャンプと津軽三味線に乗って突っ込む中野先生のおまけも効果的だった。
おかげで一週間で置石が3個も減ったわ」

☆長!
これだと烏鷺烏鷺雄さんは、かなりのナイスバディですな。


tengen55さん

「どうして、急に強くなったの?」

「だって、考えるのやめたんだもん!!」

☆きたーーーーーーーーーーーーー!
究極の問答。
しかし、囲碁ボケとしてはきれいすぎるのが難点だ!


nipparatさん

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、詰め五郎をやってるから。」
「詰め五郎って何?」
「教えてたまるかい!」

☆詰め五郎ってなんですか?教えてぇ!

「どうして、急に強くなったの?」
「昨日で、石の上に住んで3年なんだ。」

☆総裁らしからぬ洗練された美しさボケ。
似合わなさすぎるので、却下。


あっじょさん

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、この間『お嬢さんを僕に下さい』と言われて、思わず『俺に囲碁で勝ったら許してやる』って答えちゃったのよ」

「どうして、急に強くなったの?」
「だって、アイドルユニット『corsume』のメンバーになったから。デビュー曲、聴いてください『テレビイゴ』」
歌詞を見たい方はこちら
http://blog.goo.ne.jp/shonan-igo/e/eada3ee14ae8577a2f48f5a5419c3a36

☆やはりプロデュースは中野ヤスタカ氏ですか?

ひろさわさん

「どうして、急に強くなったの?」
「先手でした」

☆・・・・これはぁ。非常に高度なボケなので、突っ込みの言葉を失ってしまいました。

kyonchnさん

「どうして急に強くなったの?」
「えっ、これ連珠じゃなかったの!?」

☆かならずある「オセロ・連珠」ネタ。今回もやっちまったなー。

asutoronさん

「どうして、急に強くなったの?」
「犬を飼い始めましてね。」

「どうして、急に強くなったの?」
「毎日、詰碁を100問解き、
 毎日、棋譜を10局並べ、
 そして、実戦の後は必ず上手に手直ししてもらう。
 そういう自分をイメージし続けたのです。」

☆これはいいです。
イメージトレーニングもここまでいけば、大ボケです。


「どうして、急に強くなったの?」
「実は二面打ちをするようにしましてね。
 同時進行で検討しながら打っとるんですわ。」

☆これはボケになってません。ネット碁などで、ちょくちょくpgがやって(以下略

PIKACHUさん

「どうして、急に強くなったの?」
「毎日秀策のお墓参りに行ったから」
「・・・まさか因島まで?」
「もちろん(*^_^*)」

☆「もちろん」としっかり言うところが、ボケですね。

「どうして、急に強くなったの?」
「まさか君が僕の恋人の浮気相手だったとはね・・・(不敵な笑み)」

☆これはぁ~
・・・むずかしいぞ!講評が。


nipparatさん

「どうして、急に強くなったの?」
「中指に入れる力を5%、親指の角度を2%変えたんだよ。」

☆いいですね。この微妙な角度・・ってほとんど変わらんやんか!

「どうして、急に強くなったの?」
「君に勝つために死神に魂を売ったんだよ。」

☆ボケてません。きっと、やってる人がいます。

asutoronさん

「どうして、急に強くなったの?」
「米のかわりに碁石を食べ、まさに囲碁漬けの生活をしておりました。
 やはり黒石より白石の方がうまいです。」

☆pgとしては十六雑穀米を食べてるんで、黒石は2割混ざっていたほうがおいしいと思います。

「どうして、急に強くなったの?」
「うむ。君が不思議に思うのも無理はない。
 あれだけ勝てなかった相手をいとも簡単にやっつけてしまったわけだからな。
 そして君の質問には2つの重要なポイントがある。
 それはまず、私が強くなったことを認めていることだ。
 囲碁の力関係は相対的だから、私が強くならずとも相手が弱くなれば勝てるとしたものだ。
 そこを君は私が強くなったと言った。
 君も少しは見る目があるということだな。
 しかも何の躊躇もせずそれを素直に認めた。
 他人が強くなると、えてしてひがむ人種がいるものだが、そういうやからは強くはなれんよ。
 その点でも君は見込みがあるといえるかもしれん。 
 そして2番目のポイントは、「急に」と言ったところだ。
 棋力というものは、こつこつ地道に努力したからといって、必ずしも上達するものではない。
 報われないかもしれない努力を続けられるかどうかが大事だともいえる。
 しかし、君は私が著しく短期間に上達したことに気付いた。
 普通に詰碁に取り組んだり、棋譜並べをしたりすること以外に、何かあると睨んだわけだな。
 そうでなければ、「急に」上達することなど考えられないからな。
 だが、そこに君のあさましさが露呈してしまったな。
 あわよくば自分も急に上達したいと思ったんだろう?
 甘いな。
 大体、そういうことを何気に聞く奴というのは、努力せずに成果が得られると勘違いしている。 そんな宝くじに当たるような話がそうそうあると思うか?
 そもそも、棋力は人から教わったからといって簡単に身につくものではない。
 目で見て感じて、自ら掴み取るものだ。
 もし君に見所があるとしたら、私の立ち居振る舞いを見て何かをつかめるだろう。
 まあ、せいぜい頑張ってみることだな。」

☆えーと、えーと・・・えーと。せいぜい頑張ってみます(←覚えられなかったらしい)


ということで、講評という名のお披露目でした。
各賞発表は、もう少しお待ちください。



スポンサーサイト

コメント

うぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁl!!!!!

ぼけるどころか出題すら見てなかったっぁぁぁぁぁっぁぁぁ!!!

なんとぉおおおおおお!

☆ゆうすけさんへ

虎の穴へご案内~~~です。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。