ぴぃじぃ☆らんど

~ただいま休止中(近日再開予定)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【実戦手筋】総裁対策~七子局


総裁に七子局で挑戦

実戦手筋シリーズが帰ってきました!

・・・って何?と思った方は、サイドバーの【実戦手筋】シリーズをクリック!
pgが自分で思ったことやら、つれあいに教えてもらった図やら、を勝手に編集している備忘録です。


さて今回は、nipparat総裁との七子局にあたり、序盤の想定される図の研究を載せたいと思います。
もともと、総裁は県代表クラスの全国区。めちゃめちゃ強いです。パンダネットの世界戦も制覇なさっているし、世界アマとの親善対局で先とはいえ、勝利なさっているくらいのつわもの。

pgがまともに戦って勝てる相手ではありません(たとえ七子局でも)。
なので、つれあいに想定される図をいくつか伝授してもらい、それを解説つきで特訓してきました。
その一部をご紹介したいと思います。


フォーメーションA(両ガカリに対して、一隅は無視し、自分の石の多いところで戦う)

これは、ほぼ右下隅を捨てる(または時期がくるまで、動かない)方法。
あくまで七子局での戦法で、両ガカリされたところは黒の弱いところと見切るタイプです。

実戦手筋003-1

※注:実戦では5手目で二間高ガカリになっています。

黒8のコスミつけに立たない場合は、白9が本手。そうなるかどうかは流れ次第ですが、総裁は本手の本格派なので、こういう進行が考えられます。
一石を制し、右下に不安のない形です。

フォーメーションAの変形

実戦手筋003-2

黒8のコスミつけに立った場合。
これは、七子局の白としてはあまりない形。周りの配石が混んでくると立つことはあっても、すぐには動きにくい。
ただし、もし動いてきたならば、一間にツメで競り合う。
そこで一番紛れやすいのが白13のツケだけれど、出切って戦うことになり、いやらしいノゾキにも対処する形をマスターしました。

フォーメーションB(高い開きの場合)

※注:白5はどこへ打たれても打ちこみなので、便宜上上辺星になっています

実戦手筋003-3

実戦で出てきた形です。
ここでは黒6の位置に打ちこみ黒8に切り、黒10に引きます。
白は直接動かず、一間トビののぞきが手筋。
ツギたいのですが、ツグのは黒6がしぼられて、黒の形を崩されます。
白に隅を取られますが、下辺が厚くなって不満なし。

実戦では多少の石の位置が違いましたが、特訓の成果が出て、なんとか序盤を切り抜けることができました。
特訓はやるべきですね~~


スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。